京都徒然日記

京都の大学生。本と映画と星空と…

【読書感想】『明暗』—プライドとは、エゴとは、愛とは。

世は祇園祭だの三連休だので混んでいるので、京都の秘境左京区にひきこもって本を読んでいる次第です。さて、前回の『神様のカルテ0』を読み終えて、「そういえば、漱石あんまり読んだ覚えないナァ」などと思ったので、『明暗』に手を出してみました。

思えば夏目漱石、『我が輩は猫である』とか、『坊ちゃん』とか、『こころ』とか、そのあたりのいわば誰でも知ってる古典文学シリーズを読んだきりで、あまりほかの作品を読んだ覚えがなかった。なんなら前3つだってうろ覚えである。文学徒を標榜する者としてさすがにそれはどうなのよと長年思いつつ、でもなんか漱石って超然としてるというか欲望を冷静に見つめている感じがして苦手なのよな、などと思っていた。ある程度ねちっこくて、感情の激しさが現れる文章の方が好みだからかもしれない。

とはいえ腰を据えてじっくり文学に触れる時間も早々残っていないことだし、読んでみるか〜と軽い気持ちで『明暗』に手を出し、下巻三分の二までいったところで「そういえばこの小説…未完…だった…」と絶望した感想など。 

明暗 (新潮文庫)

明暗 (新潮文庫)

 

あらすじなど

明治の中・上流階級の津田とその妻お延の家庭生活を中心に、津田やお延のエゴイズム、夫婦の愛、過去との相対などを描く。絶筆であり未完。

津田が軽い手術のために入院するところから話がはじまる。新婚の妻お延とどこか噛み合ない津田は、京都の実家とはお金を巡って対立し、昔からそりが合わない妹・お秀とは金の渡し方をめぐって喧嘩。しかし津田には以前愛した女性がおり、お延はひょんなことからその存在を知ってしまう。一方で津田は湯治と称してその女性の滞在している温泉にいくことになる。

エゴとプライドと

映像で見てしまえばなんてことはない、連ドラだと思うんです。火曜の「逃げ恥」枠でやってそう。うんうん、見たことある。「病室にはだれも見舞いにきてない?じゃあ誰がこの鉢持ってきたのよ」「そ、それは…」みたいなシーンとか。トリックスターである小林が意味ありげに浮気を示唆するところとか。上巻の終わり方とか。お、このへんでCMか?という感じです。

しかし文章で読むと、登場人物の内面描写が丁寧で、かといって必要以上の情報はない。例えば津田。彼に最後のあたりでくだされる吉川夫人の判決は、いままできちんと情報が呈示されていなかっただけに非常に面白かったです。読者が持ってる情報は、お延がもってるのと同レベルでしたね。

「貴方は延子さんをそれ程大事にしていらっしゃらない癖に、表では如何にも大事にしているように、他から思われようと掛っているじゃありませんか」

「お延がそんな事でも云ったんですか」

「いいえ」と夫人はきっぱり否定した。「貴方が云ってるだけよ。貴方の様子なり態度なりがそれだけの事をちゃんとあたしに解るようにして下さるだけよ」

夫人は其所で一寸休んだ。それから後を付けた。

「どうです中ったでしょう。あたしは貴方が何故そんな体裁を作っているんだか、その原因までちゃんと知ってるんですよ」

ここにきて突然黒幕というか、物語を支配する吉川夫人。この前後の会話を見ていても、津田は彼女には逆らえない・逆らわない。吉川夫人がお延のことを嫌いであるということが解っても、夫人が提案するがままに清子に会いにいくことが身の破滅を招くと解っていても、彼は逆らいません。(途中で夫人に対して反抗的になるシーンも一部あるのですが……)。世間体?それとももともと流されがちなのか。お秀との喧嘩を見ているとのらりくらりとしているようにも見えるのでわからないですが。

夫人も夫人で、お延のことが気に入らないという感情と、全てを自分の意のままにしてきた人間の傲慢さと、自分の考えが間違ってるとは露とも思わないおせっかいおばさん的な決めつけが入り交じった女性で非常にリアル。

一番怒りが沸いたのは小林かもしれない。自分の言葉に責任は持たない!って言い切る人間、そりゃ好きにはなれないのは最もなのかな。最後のお金のやりとりのシーンでは津田の我慢強さを誉め称えました。私だったら縁切って家に帰ると思います。

 

そうそう、お延の「あたしはどうしても絶対に愛されてみたいの。比較なんか始めから嫌いなんだから」っていう台詞がお延の無意識な傲慢さ、強欲を示しているようでとても良い台詞だなあと思いました。津田の中で一番でありたいというプライド、転じてエゴイズム。岡本叔父にひいきされて育ってきたが一方で、娘ではなく姪として育った過去ゆえか。あるいは愛なのか。しかしその愛の方向は津田を向いているのではなく、ぐるりと回って、あるいは津田に反射して自身の方向を向いているように見えます。

 

夫婦って何なのか。愛ってなんなのか。最近火曜のドラマ枠で「逃げ恥」、「カルテット」「あなたのことはそれほど」など夫婦関係についてのドラマが続いたからか、ついそんなことを考えました。

 

【読書感想】夏川草介「神様のカルテ0」ー優しさというのはね、想像力のことですよ。

久しぶりに読み返して、素敵な言葉を発見したので書き留めておこうと思います。

私が神様のカルテシリーズにはまったのは高校生の時なので、月日が過ぎるのは早いものです。以下あらすじと感想。

 

あらすじなど

神様のカルテ」シリーズ4作目。主人公・栗原一止の大学時代〜研修医時代を描く。また前作までのシリーズ3巻ではサブメンバーとしてしか語られていない辰也と千夏の過去や医学を志すものの現実、ハルの写真家としての姿も描かれている。

 

神様のカルテ0

神様のカルテ0

 

 

なぜ人は本を読むのか

4章に分かれているうちのシリーズタイトルにもなっている章「神様のカルテ」について取り上げたいと思います。シリーズタイトルにもなっているということは、夏川さんが一番書きたかったお話なのかもしれない。

今まで「神様のカルテ1」で「医者である前に人間なのだ」という言葉を見た時にその言葉の強さに鳥肌がたったように、今回もすごい言葉がありました。

 

3型胃癌で抗がん剤治療をしなければならない患者の國枝さんと一止の対話場面。

”本にはね、先生。「正しい答え」が書いてあるわけではありません。本が教えてくれるのは、もっと別のことですよ”

持ち前の深みのある声が続く。

”ヒトは、一生のうちで一個の人生しか生きられない。しかし本は、また別の人生があることを我々に教えてくれる。たくさんの小説を読めばたくさんの人生を経験できる。そうするとたくさんの人の気持ちもわかるようになる”

”たくさんの人の気持ち?”

ゆったりとうなずく姿は、教壇に立つ教師そのものである。

”困っている人の話、怒っている人の話、悲しんでいる人の話、喜んでいる人の話、そういう話をいっぱい読む。すると、少しずつだが、そういう

人々の気持ちがわかるようになる”

”わかると良いことがあるのですか?”

”優しい人間になれる”

意想外の返事に、一止は相手を見返した。

 ずっと文系の道を進み、文学に親しんできた私としては「なるほど」と思うのでした。読書や文学に親しんできたことが人生において何の役に立つのか?ということは大学に入ってから、特によく考えてきたことでもあります。

曰く、小説を読んで何が得られるのか、ということ。

ここに、一つの明快な回答がある。

”しかし今の世の中、優しいことが良いことばかりではないように思います”

”それは、優しいということと、弱いということを混同しているからです。優しさは弱さではない。相手が何を考えているのか、考える力を「優しさ」というのです”

静かな言葉が、静かな書斎のはざまに沁みわたっていく。

”優しさと言うのはね、想像力のことですよ”

温かい声に、一止はただ声もなく耳を傾けていた。

多くのことを伝えようとして行きついた、それがひとつの答えであったのか。

いやもう心に響きました……。

なんというのか、今年の阪大卒業式の文学部式辞をみたような衝撃。

skinsui.cocolog-nifty.com

國枝さんの言う「優しさとは、想像力のことだ」という言葉は、この式辞と同じことを言ってるのではないでしょうか。人生でなにか問題に行き詰まった時、なにを頼りにして解決するのか。そこに今まで学んできたフレームとしての人文学がある。

人がなにか問題を解決する時に使うものは、自分が今まで出会った考え方です。もしかしたらそれは宗教かもしれないし、ロジックかもしれない。でも、その一つとして、「読書」で出会った考え方を入れても良いのではないでしょうか。

 

皆が読書で養った想像力を生かして優しい人間になれたら、もっと良い社会になるのでは。

そんなことを思いました。

 

 

国立国会図書館の採用試験勉強法などのメモ書き

先日国会図書館の職員採用試験の筆記試験までを受けてきたので、私がしてきた勉強法などをまとめておこうと思います。ただし、まだ結果は出ていませんので、この方法でいけば受かるよ!というおすすめ勉強法とは言えません。なので、公務員試験の中でも対策方法があまり明らかになっていない国立国会図書館の採用試験の受験記として読んで頂ければ幸いです。

ちなみに私は民間企業を3月頃から受けつつ、国会図書館を受けるタイプの民間と国会図書館のみの併願だったので、民間企業も受けつつ受験してみたい人の参考にもなるかと。

試験概要について

まずは国会図書館の試験概要についてですが、おおむねここに書いてあります。

採用情報|国立国会図書館―National Diet Library

一次試験は国会図書館独自で行う教養試験、二次試験は独自の専門科目試験と英語試験、性格検査、小論文(総合職受験者のみ)があります。総合職と一般職の区別はありますが、そこまで業務内容は大差ないようです。出世のスピードは少し異なる模様。このあたりの話は夏か秋にやってる国会図書館の説明会などで職員の方に聞いてみると、お話が聞けます。

一次試験について

一次試験の勉強をあげていきます。2016年7月頃に参考書を買い集め、勉強開始。以下は買った本の一覧です。赤本以外は古本(メルカリ)でそろえました。圧倒的安さ。

  • 国家一般職(大卒程度)の赤本
  • スーパー過去問数的推理
  • スーパー過去問判断推理
  • 畑中敦子の資料解釈ザ・ベスト改訂版
  • スーパー過去問社会科学
  • スーパー過去問人文科学
  • クイックマスター自然科学1
  • クイックマスター自然科学2
  • 岡野の化学をはじめからていねいに
  • 公務員試験速攻の時事

私の行った勉強は以下の通りです。戦略としては、人文・社会科学の知識分野で落とさないようにすること、物理を捨てること、演習を徹底する事を軸としています。

  1. 赤本を1周。
  2.  数的、判断推理を1周。社会科学を1周。資料解釈を1周。
  3. 岡野の化学を1周。わからないところは理系の友人に聞きました。
  4. クイマス自然科学1、2を1周ずつ。
  5. 人文科学を1周。数的・判断推理の2周目(チェックのみ)。
  6. 社会科学の2周目。赤本2周目。
  7. 社会科学の3周目(チェックのみ)。
  8. クイマス自然科学1、2の2周目(チェックのみ)、人文科学の2周目(チェックのみ)
  9. 公務員速攻の時事は暇な時に読む程度。あとはニュースを見る。

知識分野については、自分のできるところできないところを見極めることが大切です。難易度はセンター試験程度なので、どの科目を捨てどの科目は完璧にするかを考えましょう。また社会科学は(私の時の試験ではあまり知識的なものは問われなかった気がしますが)、きちんと知識を詰め込み、ニュースなども見ておくことが大事です。

またネットを見ていると、「国家総合職レベルの勉強をしないと無理」とかいう声もありますが、国家一般職の過去問で十分対策可能です。 

 

二次試験について

国会図書館の二次試験は過去問も公開されているものの、なかなか勉強が難しいと思います。そこで、二次試験の専門試験と英語試験それぞれ勉強法を紹介します。

専門試験

私は社会学を選択したので、社会学の勉強についてしか語ることはできませんが、他科目でも応用は可能かと。

 

やったことは以下の通りです。

スー過去シリーズは基礎知識や流れを一通り理解するのに便利です。概念やタームは「社会学小事典」「社会学中事典」など参考図書を用いて調べましょう。

院試問題を手に入れるおすすめは

京大社会学研究室 

大学院過去問 | 京都大学 大学院文学研究科・文学部 社会学教室SOCIO

北海道大学文学研究科

修士課程・一般入試 試験問題 | 入試情報 | 北海道大学 大学院文学研究科・文学部

慶応義塾大学大学院

過去問題閲覧方法(三田キャンパス):慶應義塾大学大学院入学案内サイト

早稲田大学社会科学研究科

2017年度 社会科学研究科修士課程 入試問題 – 早稲田大学 入学センター

などなど。一部大学院は過去問を販売していたり、教務に行かないと手に入らないこともありますが、このあたりを勉強していくとある程度の基礎知識がつきます。

勉強していると、心理学や言語学、世界史、哲学などもかなり関わってくることもあり、勉強の幅はかなり広くなります。早めにはじめておく方が無難。

 

英語試験

やったことはあまりないのですが、以下の通りです。

  • NY timesやThe Guardianの気になる記事を1日1こ読む(特に文化、科学、医療、ライフスタイル面。経済、政治の話題はあまり過去問には出ていません)
  • ターゲット1900を何周か

しかし、正直思ったほどの難易度ではなく、上記新聞記事が読める程度であれば問題ありません。ただ和訳で細かい語彙が聞かれることもあるので、いくつか単語帳でボキャビルするのはありかもしれません。

 

こんなかんじでしょうか。受けてから思ったこととしては、

  • 二次試験の勉強をはやくからしておくべきだった(民間就活を早めに終えたとえはいえ、6月頭から始めたのでだいぶ無理がありました)
  • 民間との併願は辛いのでおすすめしませんが、早くからの対策で受験は可能ではある(民間を早く終えられないと一番辛い時期に試験がかぶる)
  • 国家公務員の試験を受ける人は法学、経済学なども選べるので日程さえうまくいけばなかなか良いのでは
  • 英語は早くからやっておくべき。TOEICなどを利用して半年前から英語に慣れましょう
  • 数的や推理は民間就活のSPIや玉手箱をやってると少し解くのが楽になります

 

受験される方は頑張ってください。

以上勉強メモでした〜

【読書感想】安田陽介「大文字山を食べるー山菜・キノコ採集記ー」—我採集す。ゆえに我あり。

テスト前で暇なので、生協やAmazonで本を買いあさっては読んでいます。テスト前だから暇というよりも、テストがなくてレポートばかりだから暇ということですね。

レポートの題材探しをかねて生協でふらふらしていたら、この本を置いていたので手に取ってみました。5月頃からよく店頭に見る気がします。街へでても京都本コーナーによく並べてあるのを見かける。

大文字山を食べる―山菜・キノコ採集記

大文字山を食べる―山菜・キノコ採集記

 

 著者紹介を見ると京大文学部出身らしい。なるほどね。生協は、卒業生と教授の本は積極的に売っていく方針らしいです。

 

あらすじなど

小さい頃から山菜やキノコに馴染みがあった筆者が、京都の銀閣寺裏の大文字山で様々な山菜やキノコを取っては食うエッセイ。煮たり焼いたり漬けたり、料理法は様々。山菜としては定番のワラビやゼンマイ、アケビなどから種々のキノコまで。筆者の採集記のなかの哲学も必見。古典や論文を引用することも多く、まめ知識も豊富。この2016年に出されたものは、2007年に新風社から出版されたものに修正加筆を加えて、コトコトが復刊させたもの。

 

食べちゃいたいほど好きなのだもの

森見登美彦有頂天家族」より、弁天様の台詞を引用させていただきました。好きだったら食べてしまいたいというのは当然の帰結らしいです。性欲は食欲と関連しているとか、セックスの示す一体化=食べ物を取り込むこと、と捉えるのもあながち間違いでもないかもしれない。

何がいいたいかと言うと、筆者の安田さん曰く、「山が好きだから食べる」のだ。それが哲学。あとは好奇心と本能。なので、とりあえず口にいれてみてヤバそうだったら食べない、いけそうなら食べるという非常に原始的な方法で食べられそうかどうかを判断していらっしゃいます。

春から書架にかけての萌え出づる新芽や若葉は無性に口に入れたくなる。それが食べられる植物かどうか、そんな知識や理性的判断の入り込む隙もなく、ただ衝動的に食欲をそそられて食べたくなる。縄文人だって同じだったはずだ。わたしの内なる血とDNAがその証拠だ。”食べてみたい”という欲求、新鮮な食欲は好奇心の最たるものだ。好奇心と冒険心こそ、人間の進歩の原動力なのだ。

まあ、とはいえ、ちゃんと図鑑は見ましょうと書いてありました。それはそう。

 

商品経済批判のはなし

 いわゆるネオ清貧主義みたいな人たちによく見られがちだとおもう、商品経済・大量消費社会への批判。しかし、雑誌「リンネル」とかにありそうな、上質な品々に囲まれ、ゆとりのある時間をもつ、自然と上手く付き合っていきていく、持ち物は最低限(この辺はミニマリストの精神と共通ですね)という暮らしをしていくにはどれだけのお金がいるのだろうと思います。

例えば朝だけでも、「1枚の布で雑巾がけをする」「朝ご飯は味噌汁・白米・一品」「まげわっぱのお弁当」なんて、当然共働き家庭では無理なこと。朝何時に起きればええねん、となってしまいます。

 で、話を戻して、「大文字山を食べる」の商品経済や大量消費社会批判について。

七草だからって、定型化した”正統的”七草ばかり食べるのではなく、楽しみながら自分でアレンジして気に入った野草を粥に入れたらいいと思う。それこそ、本来のあるべき「七草粥」のはずだ。道端に生えている野草を摘んできて食べるなど、七草のセットをスーパーで買ってくる一般の人たちには思いもよらぬことだろう。けれど、決められた道ばかり歩くのでなく、もうちょっと「道草」を食ったらどうですか?

 私は最初見たとき「煽りかな??」と思ったんですけれど(最後疑問系だし)、文章が一貫してこんなかんじなので煽りではないです。たぶん。

 

 深夜まで残業がある人が、道草を食うだろうか。一刻も早く家に帰ってベッドにダイブしたい人がわざわざ七草粥に合いそうな野草を摘んでくるだろうか。明日のご飯代をバイトで稼いでる人が、道に生えている草を摘んでアレンジして食べようとか思うだろうか。そういうことを考えるとき、上で書いたネオ清貧主義はある程度時間と金に余裕がある人しかできないことなのだろうと思うのと同様に、こういった商品経済・大量消費社会に対する批判をするのもまた、時間と金を持つ人なんだろうなあと思います。こういう批判は選ばれしものしかできないような気がして、私は少し苦手です。

 

【読書感想】埜納タオ「夜明けの図書館」、または図書館レファレンスサービスについての講義

大学の司書課程の授業中に紹介されたこともあって、前々から気になっていた作品です。レファレンスサービスをメインで描いた司書の話というとなかなか面白さが描きにくいのではないかなあなどと思いつつAmazonで授業中にポチリ。

 

あらすじ

そこそこの人口規模(と思われる)の暁月市立図書館で念願の司書職員となった葵ひなこ。もちろん図書館の業務はある程度こなせるけれど、はじめてのレファレンスサービスに四苦八苦。情報源が全然ないのに80年前の郵便局舎の写真をさがしたり、くずし字字典を調べたり。そこまでひなこがレファレンスにこだわる理由はただ一つ。

本はいつだって”知る歓び”をおしえてくれる

想像する愉しみやそこから生まれる豊かな情感をも

人と本を繋げていきたい

広く、深く

そう思って私はこの場所にいるんだ

人と本を繋げるという使命を胸に、時には同僚の力を借りて今日もひなこはレファレンスの難問に挑む…!(こんな冒険的なお話ではないですが…)

 

この本は1つのレファレンスに対し1話というゆっくりペースなので、主人公の司書としての奮闘を見ながらレファレンスについて学んだり、同僚の職員さんを見守ったり、ほっこりしながら読めます。冒頭にでてくる「3年の就活浪人を経て〜」という文章が非常にリアルです。司書の正規職員はどこへいっても非常に高倍率なので……。

 

レファレンスサービスについて

ところでレファレンスサービスって皆さんご存知なのだろうか。私は有川浩図書館戦争」で図書館について学んだクチなので授業で聞く以前から知っていましたが、授業で見ていると勉強するまでは知らない人も多かったようです。

図書館戦争

図書館戦争

 

 実際にレファレンスサービスが出てくるのは、朝比奈さんの登場する「図書館内乱」(だったか?)と、主人公笠原郁の父が郁の図書館員としての力を量るためにレファレンスを頼むシーン。こちらは「図書館危機」だったと思います。うろ覚え。

 

レファレンスサービスとは。手近な教科書を引いてみました。

・レファレンスサービス

何らかの情報あるいは資料を求めている図書館利用者に対して、図書館職員が仲介的な立場から、求められている貞応あるいは資料を提供ないし提示すること、およびそれに関わる諸業務。

(小田光宏「情報サービス論」 JLA図書館情報学テキストシリーズⅢ 5)

つまりは、「○○な本が欲しい」とか「××の起源について知りたいんだけど」という利用者の声に応じて図書館員が本を探してくれるシステムです。利用者は少ないのですが、本来は図書館は知識のインフラとして存在するので、本の貸出以上にこのレファレンスサービスを使ってほしいなぁと思っているんですよね。

どこの図書館でもこのレファレンスサービスはやっていて、最近では国立国会図書館が「レファレンス協同データベース」を作っています。国会図書館だけではなく、全国の図書館のレファレンス事例を集めたもの。これがめちゃくちゃ面白い。

例えば、

「オー・ヘンリー(O.Henry)の『賢者の贈り物』に出てくる1ドル87セント(髪を売る前にデラが所持していた金額)は、日本では当時、及び現在に換算すると、どのくらいの価値になるのか」

「神戸の小学校では上履きを履かずに土足が多いと聞いたが、それはどうしてか」

(NDLレファレンス協同データベースより) 

 など多種多様です。回答を眺めていると、よくもまあこんなに見事に回答したもんだな!とレファレンスのプロ魂を感じます。レファ協はキーワード検索できるので、知りたいことがあったら活用するのも良いかもしれませんね。

crd.ndl.go.jp

 しかし、レファレンスサービスはなかなか不遇な存在で、図書館の予算&人員削減に伴い「そこまでやる必要ある?」という声も多いのが現状です。国会図書館などの大規模図書館は必要あるかもしれないけれど、地方の規模の小さい図書館は、司書をたくさん雇う力もないからです。

「夜明けの図書館」でも庶務担当・大野さんの台詞にあるように。

そもそもレファレンスってどうなの?予算しぼんでいく一方で、いくら行政とはいえサービス過剰だと思うけど。

それに今の次代、欲しい情報を得る手段はいくらでもあるだろ。はっきり言って時間と労力のムダ。

うーんなかなかきつい言葉ですね。もちろんインターネットで調べると正しい情報だけではないからとか、反論はできるのですが、情報を得る手段としてあまり使われないのは事実です。そもそもレファレンスサービスなんて知っている人の方が少なそうです。

最近では図書館もレフェラルサービス(分野の専門家・専門機関に紹介するサービス)や、カレントウェアネスサービス(利用者の申請に基づいて特定の主題についての研究動向・出版動向などをお知らせするサービス)など色々なサービスを展開しています。知識のインフラとして、または様々な知識インフラのハブとして図書館が機能するようになれば、より迅速・適切に情報を得ることができるのではないか?とは思いますが、現在の様子では、実現はまだまだ先といったところでしょうか。