京都徒然日記

京都の大学生。本と映画と星空と…

高知で女子一人旅を満喫した話

先日高知に一人旅をしてきました。なぜ高知かというと、Twitterでながれてきた高知旅のブログ記事が面白かったからです。おいしそう!鰹のたたき!うなぎ!餃子!というわけで高知へ。

参考にさせていただいたブログです。

hikakujoho.com

今回は高知駅周辺の観光スポットで食を、四万十川沿いで景色を楽しむことに。ゲストハウスや一人旅に興味のある方、高知グルメを知りたい方、四万十に行ってみたい方向けです。

1日目

高知駅につき、朝ごはん。7時からオープンしている高知駅併設のカフェ「COCOCHIコーヒー」にてモーニングをいただきます。素朴な味わいが美味しいおにぎりと味玉。量は十分ですね。

f:id:sakegoma:20170807163805j:plain夜行で寝起きの体をしゃっきりさせ、はりま橋周辺まで歩きます。お昼前には窪川行きの列車に乗らなければならないので、あまり観光らしい観光はできませんでしたが……。

高知駅から窪川まで1時間半ほど。窪川予土線に接続されるのですが、待ち時間が1時間…ちょうどいい時間なのでお昼ご飯に窪川駅近くのうなぎ屋さん「うなきち」に伺いました。後ろに並んでいた外国人の方と相席で、グーグル翻訳片手におしゃべりしながらうなぎをいただきます。あまりあまったるくなくて美味しい。

f:id:sakegoma:20170807164516j:plain窪川から十川までは予土線の観光列車の1つである「かっぱうようよ号」に乗れました。あまりのネーミングセンスに最初は「うようよ号?」と目を疑いましたが、本当にうようよ号でした。席にかっぱ(の人形)が座っていて、人が前を通ると喋ります。なかなかシュール。子供さん連れはかっぱと写真をとっていたりして、なかなかほのぼのします。

この地域ではかっぱ伝説が有名なのか、全体的にかっぱ推し。宿の名前も「かっぱバックパッカーズ」。

kappa-bps.com

男子ドミトリー、女子ドミトリー、個室があり、レンタサイクルやタオル類の貸し出しはうれしい!お風呂も広く、オープンしたてなのもあり清潔でした。本や漫画も豊富で楽しいです。扇風機オンリーでクーラーはないのですが、山間部ということもあり案外どうにかなるもの。二段ベッドの上でゆっくり寝ることができました。

その夜はスーパーで買った食材でご飯をすませた後お茶の間でゲストさんたちと喋り、ビールを奢っていただきました。ごちそうさまです。

2日目

レンタサイクルで四万十川名物(?)沈下橋をめざします。霧のような小雨なのでどうにかなるだろ!と決行。トンネルで雨宿りをしながら一番近くの沈下橋へ。途中の真っ赤な橋もなかなかかっこいい!沈下橋は増水時に流されないような欄干のない橋なので、座ることができるのですが、座って見ると意外と高さも水の流れもあって怖いです。晴れてて水の流れも穏やかなら飛び込んで遊んだら楽しいだろうなあ。

f:id:sakegoma:20170807171220j:plain

f:id:sakegoma:20170807171219j:plainその後は道の駅「四万十とおわ」にて名産を詰め込んだお弁当をいただきました。屋外の屋根の下にテラス席がたくさんあり四万十川をながめながらお昼ご飯。その後宿へ帰ろうとしたところ、当然の大雨に足止めされ、「四万十とおわ」併設のカフェ「おちゃくりCafe」にて抹茶シフォンモンブランと名産の紅茶をいただきました。地栗が有名なのだとか。たしかに来る途中によく栗の木をみかけたなぁ。モンブランはさっぱりとしていておいしい。

f:id:sakegoma:20170806091855j:plain

最近の道の駅は土地の名産や他の地域の名産を積極的に売り出すスポットとして進化してきていて、寄ってみてみると楽しいですね。特に自転車に乗っている時だと休憩場所としてありがたみが大きいなぁと感じます。

その後は宿に帰り、外の雨を尻目に漫画を読みながらごろごろ。実家のようなくつろぎ具合です。近くの定食屋さんでご飯を食べ、その日のゲストさんとジュラシックパークを見ながらスーパーで買った柑橘、美生柑を食べておしゃべりして就寝。

3日目

始発で四万十にさよならして、窪川へ。昨日喋ったゲストさんと共に高知までいってお昼ご飯までご一緒することになりました。これもなにかのご縁というやつですね。こういう出会いがあるのは一人旅ならではだなぁと思います。窪川での1時間は駅周辺をぶらぶらして写真を撮ったりしたのですが、なかなかノスタルジックな街並みでした。

さて。高知に着きひろめ市場へ。かつおたたきを塩でいただきます。塩で食べた経験がないので新鮮!臭みが全くなく、藁焼きの香ばしさ、とろける食感やタレとしてつけるゆず果汁の香りを味わいました。

f:id:sakegoma:20170806092743j:plainさてその後は商店街を冷やかした後ゲストさんとお別れし、宿へ向かいます。

3日目の宿はかっぱバックパッカーズと系列(?)のゲストハウスである「かつおゲストハウス」へ。

katuo-gh.com

駅からは少し離れるのですが、やはり安い。こちらはクーラーなしの個室でしたが、なんとハンモックつき!うれしい!テンションが上がってしまいついて早々ハンモックでゆらゆらしてしまいました…

さて、お腹がすいたなぁとまたひろめ市場へ。高知グルメを食べ尽くす!と意気込んで行ったもののさすがに一人では難しい。チャンバラ貝、かつおタタキの海苔巻き、うつぼのタタキ、評判を見て食べて見たいと思っていた「安兵衛」さんの餃子を選びました。お酒は地酒の「久礼」です。常温ながらあまりつんとした味がなくするっと飲めてしまう美味しいお酒でした。ウツボは思ったよりもしっかりとした味わいで見た目より脂のノリを感じます。

f:id:sakegoma:20170806093349j:plainさて食べ終わり商店街を歩いているとなにやら衣装を着た集団が。

そういえばもうすぐよさこい祭の時期なのですね。台風が直撃しないと良いですが……。

帰りに高知駅で「ダバダ火振り」という栗焼酎のミニ瓶を買いました。おみやげにもってこいの100mlサイズ。あけるのが楽しみですね。

4日目は京都に帰るだけなので割愛。

 

今回の旅では美味しい&良い景色を満喫しました。そのうえ旅先での出会いも多く嬉しい限り。でも一人では食べきれないもの、回りきれない場所も多く、また来なきゃなあと思わされる場所でした。